毛嚢炎とは?

MENU

毛嚢炎とは?

自分で脱毛していると、
毛穴に毛がつまり毛嚢炎のような症状になることが多かったです。

 

炎症を起こして、にきびのようになってしまった状態です。

 

毛嚢炎はニキビに似たようなものですが、しこりが残り、
酷い場合だと発熱したりすることがあります。

 

繰り返し毛穴の中に毛が詰まると、炎症をおこし、
それを繰り返すことで傷のようになってしまいました。
脱毛の失敗から、かなり汚い肌になってしまったことがあります。

 

毛嚢炎とは違うものだとは思いますが、
粉瘤になり手術をした経験があります。
毛穴の中に油の袋が出来てしまうのです。
粉瘤になったら、手術で取り除くしかないです。

 

肌のトラブルは意外におきやすいものです。

 

毛穴に何かが詰まって状態は良くないですし、
粉瘤のように手術して取らないと駄目な場合だってあるかもしれません。

 

毛が皮膚の中に詰まっただけと、
気軽に考えていると良くない場合だってあります。

 

毛嚢炎にならないためには?

毛嚢炎ならないためには、綺麗に保つことが大切です。

 

カミソリ負けでも毛嚢炎になってしまうこともありますが、
肌に刺激を与えないように肌に優しい繊維を選ぶこと、
免疫力を高めること、
シャワーなどを浴び、肌を清潔に保つことも大切です。

 

ストレスなどでも毛嚢炎なってしまうこともありますので、
適度な運動などでストレスを貯めない生活も大切です。

 

間違った脱毛のケアで毛嚢炎を作らないようにしたいものですね。