毛抜きによる脱毛のリスク

MENU

毛抜きによる脱毛のリスク

脱毛テープもやりましたが、
毛が取れないことも多く、コスト面でも負担になって、
だんだん脱毛テープは使わなくなりました。

 

もっと手軽にコストがかからない脱毛はないものかと
たどり着いたのが、毛抜きでした。

 

毛抜きは1回購入すればひたすら毛を自分の手で抜けばいいので笑

 

コストはかかりません。
ただ時間はかかりますね・・・

 

学生時代は勉強が嫌いで、
勉強といいつつ、毛抜きで毛を一本一本抜いていました。

 

毛を抜くと勉強より〜楽しいですよね!!
毛を抜くとすっきりと綺麗。
暇さえあれば毛抜きで毛を抜いていました。

 

カミソリより、毛の生えてくるスピードも遅く、
あまり手入れをしなくてもよいのも毛抜きの良い所です。

 

長く毛が生えない時期があり、毛抜きを愛用していました。

 

だけど、いいところだけではありません。
毛抜きを使っていると、
毛が内部に埋まってしまってぶつぶつになってしまいました。

 

高校生の時は代謝がよかったから大丈夫だったのかな。
いまはダメになってしまいました。

 

足に特に酷くぶつぶつがでて、
ストッキングを履かないで過ごすと、凄く汚い足になってしまい、困りました。
生足なんて無理!!

 

凄い汚い足となり・・・スカートはほとんど履かない生活になってしまったのでした。

 

毛抜きは手軽で毛が生えてくるのが遅いので楽ちんではありましたが、

 

毛が内部に入ってしまって赤く炎症したり、
毛穴が大きくなってしまったように思います。

 

毛抜きを使うのも良いかとは思っていたのですが、
長年使っていると毛が皮膚内部に入り込みやすくなるので、注意が必要です。

 

安いけど、自己処理にはトラブルがつきものだなと思います。